HOME>オススメ情報>優良であれば電気に関する様々な相談、工事が可能

建物に見合うのか

男性作業員

住環境において、電気のエネルギーが安定して供給されなければならず、電気工事が必要になります。施工店に相談するのならば、生活に必要なエネルギーのうち、照明や冷蔵庫、各種電気製品の負荷容量について知っておきましょう。使用できる電気の最大量は、建物の種類によっておおよそ決まりますが、将来的な使用量の増加を見込んで工事を行うべきです。例えば、部屋を増設するリフォームや住宅兼オフィスとするなど、電気設備の増加において施工店に相談しますが、リフォームであるならば、それ専門の施工店に任せることでコスト削減もできます。また、配電設備にはブレーカーのみならず、コンセントや配線などもあります。ちなみに、一系統の電流は通常15Aが限界です。ですので、新たに電気製品を追加するならば、一度は建物に見合っているのか、電圧の変更が必要なのかを調べてもらいましょう。

空調まで相談可であるのか

男女

電気工事の相談をするにしても、施工店の選択基準は個人向けなのか法人向けなのか、まずはこの点です。加えて、ホームページには工事内容・料金について詳細な内容が記載されているはずです。困りごとが起きたのなら、それに対する解決法が分かり易くなければなりませんし、基準になるのはその方法に対する料金や時間にもあります。また、電気施工のみならず、空調についても相談可能である、こうした施工店を選ぶことも重要です。例えば、分岐コンセント増設だけでなく、 エアコン専用回路のコンセント工事が必要になるケースもあるでしょう。空調まで考えた設備工事が行えるのなら、快適性まで満足できるはずです。

様々な相談にも応える

男性作業員

電気工事の施工店を選ぶ上で重要視すべきは、適正金額の算出ができることではないでしょうか。無料での概算見積もりができることを基準におきましょう。また、工事以外にも相談ができるか否か、優良店であれば対応してくれます。例えば、電力会社からブレーカー容量を上げる必要があると言われた場合、容量変更を行うだけでなく、合わせて申請手続きまで担う施工店を選びましょう。こうした電力会社との連携が図れる施工店ならば、電気料金が高い相談に対して見直しを勧めてくれるはずです。

広告募集中